コメントに謝礼します!

ストーリーモード攻略チャート

第一章 『動乱の始まり』

・敵勢力 「バルミア王国軍」

操作方法に慣れるための章というべきもののため、これといって問題はないでしょう。
補足情報として
待機する場合は、なるべく複数の武将をスタックし、兵の補充ができる場所に待機する。
一月に移動できる武将は最高で5名のため、優秀な武将を優先に進軍させていくと、
比較的スムーズに進めていけるでしょう。
ちなみに、兵の補充、装備の変更は「街」「城」「中継点」「洞窟」「塔」でのみ可能です

第二章 『翼の怒り』

・敵勢力 「天駆ける翼騎兵」 「ルドラム獣人連合軍」 「ビーストアーク」

こちらの戦力が不十分であることと、戦線が拡大したため、序盤の足固めが重要となります。
まず兵の補充が可能なマス目に武将を集め、その後「ジナ」や「グレン」を含めた部隊で
進軍し、1勢力ずつ撃破していきましょう。
その際、君主クラスの武将は説得し、自軍の強化に努めましょう。
(捕虜にもお金を払っているため、不要な捕虜は処理したほうがいいでしょう

第三章 『竜の鼓動』

・敵勢力 「死竜ゲオデムク」

初めてのドラゴン王と戦闘となる章です。
ドラゴン王は移動してこないため、兵の補充のできる近くのマス目に戦力を集中させ、
それらの武将を使い、毎月波状攻撃をしかければ倒すことが可能です。
武将の消耗を避けるため、HPが減ってきたら退却しましょう
(レギュラー武将がやられるとゲームオーバーです)
必殺技でHPを回復されると厄介なため「フリーズアイ」などで、必殺技を
封じておくといいでしょう。
ちなみに、ドラゴン王はHPが9999以上あり、少しダメージを与えただけでは、
表示上HPが減りません。もちろん毎月少しずつHPが回復します。
ダビックの探索で仲間になる隠し武将「ナイトレイ」を使用で比較的楽にクリア可能です。

第四章 『揺れる思い』

・敵勢力 「アクアマイト」 「月光の民」 「エルフィネス公国」

「月光の民」の本拠地は、その地形上進軍が難しく、「アクアマイト」の本拠地は、
周りが水辺のため攻め込みにくくなっていますが、この章までくると、戦い方にも
慣れ戦力も整ってくるので、比較的楽に進められるとおもいます。

第五章 『運命の選択』

・敵勢力 「闇夜の海賊」

ランドルフが冒頭で言っていたように「闇夜の海賊」は夜間戦闘では異様な強さを発揮!。
そのため不用意に攻め込むとレギュラー武将が倒されゲームオーバーとなりかねません。
攻め込むときは昼間にしたり、レギュラー武将だけの部隊は避けることが必要です。
特にセーブのタイミングには十分に注意してください。

敵勢力殲滅後、 「剣ルート」と「愛ルート」の選択となります。
「剣ルート」では、「ドラバニア帝国」でそのままプレイすることになります。
「愛ルート」では、「ドラバニア帝国」を抜け「解放軍」に入り、新たな仲間たちと
一緒に戦うことになり、今まで使用していた武将はそのまま
「ドラバニア帝国」(敵軍)に残ります。

剣ルート攻略

第六章 『愛しい敵』

・敵勢力 「解放軍」

敵対勢力が「解放軍」だけであり、今まで通り戦えるため、結構簡単です。
「ヴァリゾア」戦に注意すれば問題ないと思います。
次章に向けての準備や隠し武将を全員仲間にしておくといいでしょう。

第七章 『王国近衛兵団』

・敵勢力 「王国近衛兵団」 「ナイトメア」 「ゾディア王国」

前章で準備をしておけば「王国近衛兵団」は特に問題ないでしょう。
「ナイトメア」「ゾディア王国」は少し攻め込みにくい地形のため、
少し面倒かもしれません。
「アレン」の必殺技は強力なので注意が必要です。
次章では複数のドラゴン王と戦うことになるので、クリア前にセーブしておき、
出現位置を確かめ、防衛線を築いておくといいでしょう。

第八章 『悲しみの果て』

・敵勢力「暗黒騎士」「光竜フェルニド」「闇竜デアモス」「木竜ティオゲイア」「聖竜セルミナス」

最終章というだけあって、少し大変です。
「暗黒騎士」から制圧していくといいでしょう。
「暗黒騎士」は君主クラスの武将で挑んでください、「トールディス」以外も能力値が
高いため、下手をするとやられてしまいます。
当たり前ですが、ドラゴン王は1体ずつ確実に仕留めるようにします。
この際、隠し武将「ナイトレイ」「テリアス」「ヴァンエレン」が仲間にいると活躍します
特に「ヴァンエレン」先生は、必殺技の強力さと、兵種により、一方的にドラゴン王を
倒すことも可能で、対ドラゴン王戦最強と言っても過言ではありません。

そんなわけで、敵勢力を全て撃破するとエンディングです。

愛ルート攻略

第六章 『戦場の勇者たち』

・敵勢力 「ドラバニア帝国」

自軍武将が総入れ替えし、今までの仲間が敵となった状態でスタート。
(ナイトレイをはじめ、仲間にした隠し武将も敵として登場)
セイントを従えた「クレイン・クレイン」までもが敵武将として登場します。
戦力が不十分なため、まずは戦力の増強が急務となります。

第七章 『暗黒騎士』

・敵勢力 「暗黒騎士」 「ナイトメア」 「ゾディア王国」

前章で「ドラバニア帝国」を撃破しているため、戦力も整っていると思うので、
特に問題なくクリア可能だと思います。
次章では複数のドラゴン王と戦うことになるので、クリア前にセーブしておき、
出現位置を確かめ、防衛線を築いておくといいでしょう。

第八章 『ドラゴンハウリング』

・敵勢力「竜帝ヴァリゾア」「火竜フェテギア」「水竜レバイア」「土竜ドルオズム」「風竜ガトリクス」

ドラゴン王は1体ずつ確実に仕留めてください。
「ナイトレイ」「テリアス」「ヴァンエレン」などを中心に攻撃をしていくと比較的簡単です
対ドラゴン王最強とうたわれる「ヴァンエレン」先生に頑張ってもらいましょう。

敵勢力を全て撃破するとエンディングへ。

コメント!

タイトルとURLをコピーしました