合体について

合体について備考

  • 合体の隠し味アイテムを使った場合は、生まれてくる子供に様々なメリットが出る。
  • 生まれてくる子モンスターの種族は基本的に、
    “ベースとなるモンスター+相方モンスターのメイン種族+サブ、派生モンスターが多い種族”
    によって決まる。
  • 子供は親の状態変化を低確率で受け継ぐ。(継承不可能なものは除く)
    両親ともに同じ状態変化を所持していると、受け継ぐ確率が上がる。
  • 子供のヨイワル度は”種族固有の初期値”+”親のヨイワル度”できまる。
    “親のヨイワル度”よりも”種族固有の初期値”が子供に大きく影響する。
  • 子供には親の体型が強く影響され、親がデブなら子もデブに、ガリならガリになる。
  • 派生モンスターが多い種族ほど誕生率が高くなります。
    1. ピクシー、ゴーレム
    2. ロードランナー
    3. ドラゴン
    4. ゲル、ナーガ、モノリス、ガリ、ハム、ワーム、ホッパー、ライガー、プラント、スエゾー
    5. デュラハン、チャッキー
    6. モッチー、ケンタウロス、ビークロン、ヘンガー、ナイトン、バクー
    7. アローヘッド、ジョーカー、ジール
    8. アーケロ、グジラ、ラウー、ニャー、ネンドロ
    9. ヒノトリ、ダックン、バジャール、コロペンドラ、ウンディーネ、ゴースト、モック、メタルナー

子供のステータス値の受け継ぎ方、強い子供を作るために

合体後の子供は、両親のステータスを受け継いで生まれてきます。
このステータス値をより高く受け継がせるためには、

  1. 合体で生まれてくるモンスターの誕生確率はできる限り低い方を厳選する。
  2. 両親と子供の“能力順序”を出来る限り一致させる。

1.は読んで字の如しで、合体で生まれてくるモンスターの出現確率が低ければ低いほど、子供が強くなるということです。
注意点が一つあり、強くなるのは4%までということです。
それ以下の3%~1%の確率の子供が生まれてくると、能力値が受け継がれずに初期値のままで誕生してしまうので注意しましょう。

2.の”能力順序を出来る限り一致させる”の、”能力順序”とは”ライフ、ちから、かしこさ、命中、回避、丈夫さ”の6つの順番を、簡単な計算をして並び替えた順番のことです。

今回はある程度育てたピクシー(純血種)を例にします。

能力
スタータス
基本値育てた
現在値
成長
適正
ライフ50400E
0倍
ちから8060D
0.5倍
かしこさ170700A
2倍
命中150600B
1.5倍
回避140800B
1.5倍
丈夫さ60300E
0倍

まずは”育てた現在値”を”成長適正”に応じてかけた”計算値”を出します。
A=2倍、B=1.5倍、C=1倍、D=0.5倍、E=0倍。

能力
スタータス
計算値
ライフ0
ちから30
かしこさ1400
命中900
回避1200
丈夫さ0

これを”計算値”が高い順に並び替えます。
“計算値”同じもの(今回の例の場合は丈夫さとライフ)は基本値の高さ順にします。

能力
スタータス
基本値計算値
かしこさ17014001
回避14012002
命中1509003
ちから80304
丈夫さ6005
ライフ5006

この並び替えた順番

  1. かしこさ
  2. 回避
  3. 命中
  4. ちから
  5. 丈夫さ
  6. ライフ

“能力順序”ということになります。

合体する両親と子供の“能力順序”の一致している数が多いとより強い子供が生まれてきます。
因みに生まれてくるモンスターの“能力順序”は、生まれた時のステータスではなく、ゲームのデータ上で予め決まっている、”基本値”に従って決められています。
“基本値”も”成長適正”も各モンスターのページに表記してあるので参照してください。
両親がALL999で相性も最高にすれば、ALL600程度の子供が作れます。

合体後の取得技

  • ヨイワル値は関係なく継承される。
  • 基本的に派生技は合体後のモンスターが修得可能な場合のみ継承させることができる。
  • 親と子モンスターのメイン種族が同じ場合は、”親の持つバランス技”と”超必殺技以外”がランダムで2/3継承される。
  • 上位技を継承すると下位技を修得することもあるので、技数2/3の継承上限を超えることもある。
  • 継承される技数は切り捨てで、例えば5個所持=3個、10個所持=6個継承される。
  • 継承された技は使用回数も継承される(超必殺と継承しなかった技はリセット)
  • 火山以外で3段階目の上位技を修得可能な場合は、1段階目の技を引き継がずに2~3段階目の技を継承できる。

すり替え合体

  • すり替え合体とは合体をする時のベースにするモンスターのメインと、合体後に生まれてきたモンスタ
    ーのメインが違うモンスターを作り出すことを言います。
    例えば、ペンギンダマシ(モッチー×ライガー)をメインに、スエコ(ピクシー×スエゾー)をサブに合体させた際、モッチー種以外のモンスター(ライガーorピクシーorスエゾー派生種)を作り出すコトをいいます。
  • 100%確率合体アイテムのほのおの羽ドラゴンの牙などを使った場合は、必ずすり替え扱え合体になります。
  • メインにしたモンスターが命中重視技を持っていれば、命中重視技を1つだけ、大ダメージ技やガッツダウン技等も同様で、各種技を1つだけ所持することが多い。
  • すり替え合体で受け継がれる技は固定で、メインにしたモンスターの取得している、”命中・大ダメージ・クリティカル・Gダウン”に対応した技1つしか受け継げない。
  • 継承する技数も通常が技総数の2/3に対し、すり替えだと固定で5つ以下なので殆どの場合デメリットしかありません。
    メリットがある状況は”覚えてる技が6つ以下の場合”、”技総数が少ないジョーカー種の場合”、”特定技の修得(ソニックブームやホッパーの雷撃)”などに限られます。

すり替え合体技対応表

種族クリティカル大ダメージガッツダウン命中重視
ピクシーレイフレイム投げキッスサンダー
ドラゴンドラゴンパンチひっかきコンボファイアブレスウィングアタック
ケンタウロススロウランサーきりすてエネルギー弾ハイパー突き
コロペンドラ三連アタックデス・ドミノねずみ花火ショットガン
ビークロンつのショットダイブアタック地震コマアタック
ヘンガーロケットパンチギガトンハンマーヨーヨーアームキャノン
チャッキーだましうちパンチ呪じゅつ※ソニックブーム
ゴーレムでこぴんアッパーハエたたきビンタ
ロードランナースカイクローかみつきしっぽクルクルしっぽサマー
デュラハン居合い斬り大車輪(フルスイング)乱れ突き
アローヘッドジャンプハンマーニードルターン怪光弾ニードル
ライガー冷気弾ワンツー雷撃体当たり
ホッパージャンプブロウ※雷撃フリッカー
ハムドラゴンパンチバックナックル大砲屁正拳
バクー吠えベロビンタくしゃみかみつき
ガリスピンカッタープレスレッドウィスプ火のカベ
アーケロ旋風爪跳爪仙煙草影爪
グジラつきあげぐるぐるプレスくしゃみ頭突き
バジャールスマッシュストレート
ニャーぐるぐるぺったんニャーにゃーツッかき
ヒノトリ炎ハリケーンフレイムビーム火炎砲六連くちばし
ゴーストカードハトのおとしものびっくりソウルビーム
メタルナー右たん脚ツイン掌打こうはざんポン拳
スエゾーテレパシーかみつきなめるテレポート
ジールだだっこパンチアイスウェーブハンドプレスアイスタワー
モッチーさくら吹雪ローリンぺろりんガッチョ
ジョーカーデスカッターデススラッシュデスエナジー
ネンドロひゃっかん落としバックナックル投げキッスパワースタンプ
ゲルパラボラビームG・キューブパチンココマアタック
ウンディーネアクアゲイザードルフィンブローアクアウィップアクアウェーブ
ナイトンナイトスネークナイトニングオクトパスナイトナイトウェーブ
モックリーフマシンガンポイズンニードルリーフショット
ダックンみずのみアタックダックミサイルパラダンスドリブルアタック
プラント種ガン連続つっつきミツ根っこ
モノリス怪光線針ぶっさしひっかきおんぱ
ラウーボムつかみたたきつけくしゃみバナナブーメラン
ワーム牙斬りくしざし投げくしざししっぽキック
ナーガ魔空弾しっぽアタック毒ギリ突き
  • チャッキーのソニックブーム、ホッパーの雷撃はすりかえ合体専用技。
スポンサーリンク
攻略wikiセブン!

コメント!

タイトルとURLをコピーしました