コメントに謝礼します!

プロテインの悩み全て解決!ダイエット、健康、効果、コスパ等その他全て解決!

1キロ約1500円、3キロ約4500円、コスパ最強、圧倒的なホエイプロテイン、ニチガ!



 


 





右より多少
溶けやすい
左より微量
タンパク質
が多いい

※このページではタンパク質のことをプロテインと呼びます!皆様が想像する袋に入っている粉のプロテインの事は、プロテインパウダーと呼びます!

プロテインについて…まず最初に…!

老若男女の皆さま!プロテインと聞いて何を思いつきますか?
おそらく大多数の方がボディビルダーのようなムキムキマッチョマンを思い浮かべると思います…

ボディビル世界最高峰の大会、ミスターオリンピアで最多優勝記録を持つ男、ロニーコールマン。

事実、本格的にボディビルに励んでいる方は、体重の2倍から3倍、プロともなると4倍以上プロテインを摂る方もいます。

大多数の方がこの筋肉を見て
”気持ち悪っ!”
” ここまでマッチョになりたくない! ”
” プロテインって薬なの?体に悪いのでは? ”
と、思っているでしょう…

ですが…!

プロテインを飲むだけや、少し筋トレした程度ではボディビルダーのようなムキムキマッチョマンには200%なりません!

本格的なボディビルダーのような体になるのは、筋肉をでかくすることに数年~数十年の時間を捧げ、管理された栄養/食事/睡眠、想像を絶する緻密で過酷なトレーニングを成して初めてたどり着ける領域です!

アーノルド・シュワルツネッガー主催、世界最高峰の大会、アーノルドクラシックで優勝経験がある世界最高峰の日本人選手、山岸秀匡プロ。

プロテインとはなんぞや?プロテインの重要性!運動してない人も絶対に摂りましょう!

” プロテイン ” (protein ) は日本語で直訳すると”タンパク質”です。

年齢性別によっても変わりますが、

体重の約60%が水分

残りが、

たんぱく質18%、脂肪18%、鉱物質3.5%、炭水化物0.5%

人体の6割を占める水分が最も大切で、次いで約20%ずつを占めるタンパク質(ここからはプロテインと呼びます)と脂肪が非常に大切なのがわかります。

プロテインは筋肉をつける以外にも、様々な働きを人体で担っています。

例えば、

成長する、ものを考える、体を動かす、泣く・笑う ・ 怒るなどの感情、毎日の暮らしの何気ない動作はすべてプロテインで行われています。

その他には、

筋肉 ・ 内臓 ・ 皮膚 ・ 髪 ・ 骨 ・ 歯、血液などの体液、体機能調節するホルモン、食べ物の消化吸収、光や味、匂いなどのレセプター、例を上げればきりがないほど人体の中心には必ずプロテインがあります。

太っている人、痩せている人、運動していない人、激しく運動している人、老若男女問わずどんな方にとっても必須で、それほどまでにプロテインとは、人が生きていくのに非常に重要な物だというのがわかります。

プロテインを摂ることによるメリット

メリットを上げると多すぎてキリがないのですが、パッと思いつく物をいくつか…!

  1. 肌質、髪、爪などがきれいになる。
  2. 甘いものへの執着や空腹感が減ることによるダイエット効果。
  3. 筋トレやスポーツの効果が大幅に上昇。
  4. 多数の病気やケガの予防になる。
  5. 骨や内臓、血液や筋肉など体の内側から体質改善される。
  6. ストレスの軽減や疲労回復など
  7. 精神状態が良くなる。

プロテインを摂ることによるデメリット

過剰摂取しないこと、適切なタイミングで摂ることが出来ていれば特になし!

プロテインより重要!睡眠、水分、カロリーについて!

ここまで読んだ方ならプロテインの重要性が身に染みて分かったと思いますが、プロテインよりも重要な要素が3つあります!

それが、睡眠、水分、カロリーです。

ダイエット、健康維持、筋力増強、様々な方がいると思いますが、どの目的にも、 睡眠、水分、カロリー 、が非常に重要となります。

この3つがしっかり摂取できていないと、いくらプロテインをとっても効果をフルに発揮させることができません。
3つともしっかりと意識してとりましょう。

1つ目の睡眠時間に関しては、人により様々なので正解はありませんが、睡眠にはメリットが非常にたくさんあるので、頭痛や倦怠感が出ない範囲で寝たいだけ寝ましょう。

2つ目の水分に関しては、毒素を排出するためや脱水を防ぐために喉が渇く前にこまめに取ると良いという情報があります。
しかし、実際のところ、多く取りすぎた水分は体内が水分量のバランスを維持しようとして、無意味に処理をして内臓に負担をかけるだけなのであまり意味をなしません。
論理的に考えればわかることなのですが、そもそも人体に負担がかかるところまで水分が減るということは、正常な人間なら絶対にありえません。
そのズッートはるか前に喉が渇き、自然と水分を取りたくなるので、喉が渇いたらそのタイミングで速攻で、我慢せずに喉が癒えるまでユックリと水分を摂取すれば大丈夫です。( 一気飲みは超NGです)

カロリー計算に関しては下記のサイトを参照にしてください↓
https://keisan.casio.jp/exec/system/1161228736

プロテインは何から摂るのがいいの? 肉?魚?卵?牛乳?大豆?パウダー?

正直、鳥の胸肉(皮なし)や卵(火を通した全卵)を主食に、副菜をブロッコリーなどでプロテインを摂取するのが、金銭的にも質的にも一番効率が良いです。

後は好みに合わせて、魚、牛乳、納豆、豆腐、オートミール、このあたりのタンパク質コスパが良い食品をチョイスしましょう…と言いたいのですが、それだけだと食の楽しみがなくなってしまいストレスが非常に溜まってしまいます。

精神的なストレスは健康にもダイエットにも筋肉にも悪い影響しかないので、プロアスリートやボディビルダーを目指して本格的にトレーニングをしている人以外は、好きに食事を取りましょう。

その上で足りない分をプロテインパウダーから補うという形にしましょう。

ちなみに、すべてをプロテインパウダーから補うのは不可能だということを頭に叩き込んでおいてください。

なぜかというと、プロテインパウダーはあくまでもタンパク質の粉であり、それだけでは最高の効果を発揮することができないからです。

その他の栄養を含む食品にプラスして飲むことで、初めて効果を発揮させることができます。

極端な話、

1食目、白米 → 間にプロテイン → 2食目、 白米 → 間にプロテイン → 3食目、 白米 → 就寝前にプロテイン。

上記のような摂取の方が、 白米に含まれている栄養も取れるので、全てをプロテインパウダーから摂取するよりかは、はるかに効果的です。

後は白米の部分を好みに合わせて、パンや麺類に変えたり、野菜や乳製品、肉食系などもいれて、補助として間にプロテインパウダーを入れて、下記の1日の目安摂取量を目指せばOKです。

プロテインを摂るタイミングや適切な摂取量

難しいことはいいから簡単に摂取量、答えだけ教えてよ!という人は、

  1. 運動してない人= 体重✕1グラムのプロテイン
  2. 普通に運動している人=体重✕1.5グラムのプロテイン
  3. 激しい運動をしている人=体重✕2グラムのプロテイン

と覚えて下さい。

プロテインパウダーの場合は一回の摂取で約15~30グラム、食事の場合は上限なしで、これを一日に出来る限り細かく取るのが理想的です。

例えば体重60キロの運動をしてない人が、一日に摂取したほうが良いプロテインの量は、60グラムとなります。(体重60✕1グラム)

これを元に、1日2食の人は一回の食事でプロテインを30グラム、1日3食の人は一回の食事でプロテインを20グラム取り、1日の摂取量が60グラム以上になるようにします。

上の項目でも話しましたが、 不足部分は 食事の間にプロテインパウダーをはさみましょう。

ゴールデンタイムについて! 運動、筋トレをしている人の摂取タイミング!

先程は一日に出来る限り細かくプロテインを摂るのが理想的と言いました。

しかし、 運動、筋トレしている人に限り、例外パターンが1つだけあります。

プロテイン摂取の最高のタイミングと言われる”ゴールデンタイム”というものです。

そのゴールデンタイムでプロテインを20グラム程度摂取すると、そこから数日間、 筋肉量、回復力、運動系パフォーマンスなどなどが、格段に向上します。

以前は運動直後や30分以内がゴールデンタイムと言われていましたが、最新の研究では運動後3時間以内に、プロテインを20グラム以上摂取すればよいということがわかってきています。

ゴールデンタイムでプロテインを取れないと、筋肉量、回復力、運動系パフォーマンスなどなどの向上効果が大幅、格段に薄れるので確実にそのタイミングで摂取しましょう。

ゴールデンタイムで見落としがちな注意点!ゴールデンタイム以外はプロテインはいらない?

上記のように聞くとゴールデンタイムが一番重要だから、そこで沢山プロテインを摂り、後は適当でも良いと思われがちですが実際には全く違います。

ゴールデンタイムでプロテインを摂ることは、あくまでも筋肉増強や運動パフォーマンス向上の起爆剤です。

運動&筋トレの強度にもよりますが、 そこから体が回復するまでの間に、 一般的に見て2~3日、超高強度トレーニングだと3日以上かかります。

ゴールデンタイムでしっかりとプロテインを摂ることができれば、例えその数日間で何もしていなくても、体はメキメキと成長、回復しようとします。

この成長しようとしている間にプロテインが体に 入ってこないと、ほとんど成長しません。
最悪の場合、成長ではなく退化することもあり、トレーニングをしても意味がなくなるどころか逆効果になったりもします。

何回もしつこく言っていますが、上記の理由により、毎日できる限り細かくプロテインを摂るという事が非常に重要で、ゴールデンタイム後もしっかり意識しましょう。

その他の注意点や最新のプロテインについての見解!

以前は、一回のプロテイン摂取で20グラム以上とっても体に吸収しきれないので意味がないと言われていました。
しかし、最近では、運動量や体質、摂取する飲食物やタイミングなどで、かなり変化することがわかってきています。

先程は1日に体重1キロあたり1グラムのプロテインを摂ると良いと言いましたが、最新の研究結果では、体重1キロあたり2グラム摂ると良いとも言われています。

健康食品などもそうですが、正直この辺の値については個人差や企業の利権などでコロコロ変わります。
先程も言いましたが、金銭的にも健康的にもコスパに優れ、バランスが取れるであろう、

  1. 運動してない人= 体重✕1グラムのプロテイン
  2. 普通に運動している人=体重 ✕ 1.5グラムのプロテイン
  3. 激しい運動をしている人=体重 ✕ 2グラムのプロテイン

をできる限り細かく(最低3回、出来れば5~6回)摂取しましょう。

常人より筋肉量の多い方や、プロ選手を目指し高強度の激しい運動をする人は、体重の3倍、4倍摂取する人もいるので、そこはさじ加減が必要です。

多く摂りすぎた余分のプロテインはエネルギーへと変換されるので、明らかに過剰摂取な体重の10倍などを摂らなければ、人体に悪影響はありません。

1つだけ注意しなければいけないことがあり、プロテインの摂取量が多くなると 本当に極々稀にですが、 内臓系の病気を併発する可能性があります。

プロテインを摂取し始めて、吐き気や倦怠感、その他体に異変を感じたら、一度プロテインの摂取をやめてみて、体の状態がどの様になっていくか確認してみましょう。

プロテインパウダー摂るとお腹を壊す…下痢になるんだけど…対策について!

まず手っ取り早い対策としては、プロテインパウダーの量を減らしましょう。

いきなり計量スプーン3杯飲んでいる方は2杯に減らし、2杯でもお腹の調子が悪いのなら1杯、このように減らすことが一番効果的です。

お腹を壊さない量を見つけたらその量を1週間キープしましょう。

その後、計量スプーン1/5や1/10などの少量でいいので、徐々にプロテインパウダーの量を増やしていきましょう。

時間をかけてゆっくりと体に順応させることでお腹を壊さなくなることがマズマズあります。

その他には、プロテインパウダーを1回に摂る量が多すぎると、消化しきれずにお腹に負担がかかってしまうので、細かく分けて飲むのも効果的です。

1日3回で10杯なら、1日5回で10杯にするなど、一回のプロテインパウダー摂取量を抑えて、お腹にかかる負担を減らしましょう。

その他では下記の”プロテインパウダーの効果を格段に上げる方法”も非常に効果的です。

プロテインパウダーの効果を格段に上げる簡単な方法

プロテインパウダーの効果を格段に上げる方法として、発酵食品を1日1回は摂ると言うことを心がけましょう。

納豆やヨーグルトを1日1パックでも摂取すると良いでしょう。

その事により、プロテインやその他の栄養素を吸収する、腸の状態を良好にできます。

毎日続けることにより非常に強力な効果を発揮します。

ダマサれたと思って1ヶ月でいいので続けてみてください。

ダイエットにも健康にも筋トレにも、オールマイティな効果を実感できます。

最安価格、品質、コスパ最強の1キロ辺り約1500円のオススメプロテインパウダー

プロテインがいかに体に良くても、毎日食品から適切な量を摂る事は非常に大変です。

それゆえに市販のプロテインパウダーを使う方が多いと思いますが、いかんせんお金がかかるは、合成甘味料や添加物が多いわで不安材料が多くあります。

しかし、そんな不安を解消してくれるメーカー、ニチガがあります。(記事達筆時は、3キロ単品✕3袋セット=計3キロで約4700円と最も安いです)
合成甘味料や添加物未使用、価格は驚異の1キロ辺り1500円。

ザバスやグリコ、ビーレジェンドや海外製品など、主も様々なプロテインパウダーを試しましたが、最終的には ニチガに落ち着きました。

一応その他の味もありますがそれらは合成甘味料を使用しているので、合成甘味料を使用してないナチュラルかプレーン味がオススメです。

味に関しては殆ど無味で脱脂粉乳やクリープに近いです。

何かしらの味がほしい方はハチミツやココアパウダー、オリゴ糖やシロップを入れるだけで非常に美味しくなります。

注意点がいくつかあり、主の場合はビルダー飲みするので関係ありませんが、プロテインパウダーがシェイカーで溶けづらいというのがあります。
Amazonのレビューに対策がいくつかあるので、それについての解消はできます。

もう一つは、すり切り8グラムの計量スプーンがついていない点です。
ダイソーなどの100円均一で計量スプーンや便利な量りなどは売っているので、その対策はできます。

1キロずつの単品買いもできますが、1キロ単品✕3袋セット=計3キロが価格的に一番安いのでオススメです。

是非、ニチガのプロテインパウダーを試してください 。

1キロ約1500円、3キロ約4500円、コスパ最強、圧倒的なホエイプロテイン、ニチガ



 


 





右より多少
溶けやすい
左より微量
タンパク質
が多いい

コメント!

タイトルとURLをコピーしました